スポンサーリンク

紅ズワイガニが安い理由を解説!旬や産地についても紹介!

育児
スポンサーリンク

こんにちは、さとしです

ズワイガニが記録的不漁であるというニュースが飛び込んできましたが、カニについて非常にアマチュアである私には疑問が一つ浮かんできました。

  • ズワイガニよりも紅ズワイガニの缶詰をよく見かけるぞ。
  • 紅ズワイガニってもしかしてズワイガニの下位互換なのかな?美味しくない?
  • 紅ズワイガニの方が安いのはなぜなんだろう?

価格についてですが

ズワイガニを100としたら紅ズワイガニは10~20くらいの価格で買えるようです。

なんと5分の1!

安すぎませんか?

もはやちょっと怪しいくらいの価格の違い。そんなに違うなら、もはや名前が似てるだけで全然違う形のカニなんじゃないの?という気がしてきます。

さっそく、納得のいく価格の差を調べてみました

スポンサーリンク

紅ズワイガニがズワイガニよりも安い理由は?

調べる前に、私なりに仮説を立てました↓

  • 紅ズワイガニの方が成長速度が早く個体数も多い?
  • 紅ズワイガニの生息エリアが広く、収穫・運搬・管理コストが安い?

もし、これが当たっているならば、紅ズワイガニはズワイガニの中でも

めちゃコスパが良くて、今後は紅ズワイガニ一択!

と、考えていましたが、結論を申し上げますと

食べれる身のつき方や、質感(水っぽい)がズワイガニよりも少し劣っている

から紅ズワイガニの方が安いということでした。生息地が少し違うので漁の仕方も違うらしいのですが

最初に私が考えたいくつかの仮説は値段とはあまり直接関係ないようです。

念のため、ズワイガニと紅ズワイガニの違いも少しだけ触れておきます

ズワイガニの体長や特徴

  • オスの甲幅は最大14cm(メスはその半分でセコガニとか呼ばれます)
  • 足を含めた長さ約70cm

松葉ガニや越前ガニなど様々な地方ブランド名が存在しています。高級な食材で、加工食品にされることはあまりありません。カニみそも入っていて、殻が固く冷凍もしやすい。

紅ズワイガニの体長や特徴

  • オスの甲幅は最大14cm(甲羅が真っ赤)
  • 足を含めた長さ約70cm(明らかにズワイガニよりも細い)

ズワイガニよりも深海に生息していて、成長スピードが遅いようです。そのため大型の個体が水揚げされることは珍しいそう。生鮮品としてはズワイガニよりも甘みがあるとされていますが、殻が柔らかいため、冷凍には不向き。缶詰やカニバイキングとかで見かけます。鮮度落ちしやすいのですが兵庫県では香住漁港でとれる紅ズワイガニのことを「香住ガニ」(かすみがに)と呼んでブランド化しています。水分が多く、鮮度落ちが速いので、生食なら香住ガニを食べに行きましょう!

スポンサーリンク

紅ズワイガニの旬と産地は?

外国でも水揚げされていますが、日本国内では山陰地方がメインの漁場となっているそうです。境港(鳥取県)が日本一の漁獲量。

秋から春にかけて、カニにしては比較的長いシーズン水揚げされています。

スポンサーリンク

まとめ

紅ズワイガニさんのことたくさん調べてきましたが、やはり一般論としてはズワイガニ様の方が美味しいということが分かりました。もちろん、そんな中でも「紅ズワイガニの方が旨い」という層も一定数いますので、味の好みについては人それぞれです。

しかし、紅ズワイガニの安さというのは、ちょっとの安さじゃなくて、10倍近く違うということですから、これはかなり大きなアドバンテージですよね!ズワイガニ様をおなか一杯食べることはできませんが、紅ズワイガニさんならそれが可能かも!お財布的に。

いつか、兵庫県の香住ガニの食レポも投稿しますね!それでは!


コメント

タイトルとURLをコピーしました